忍者ブログ
男にとって女性の心というものは、分かるようで分からない、つかめそうでつかみにくい存在である。彼女のために男の優しさと思ってやったことが嫌われるかと思えば、冷たい態度を取ってしまって嫌われたかと思うと、逆に好意をもたれて追いかけられたりする。どう見ても格好よくない男性が、絶世の美女をいつもとっかえひっかえ連れて歩いていることがあるが、どうして彼はそんなにもてるのだろうかという疑問を持ったことはないだろうか。実はそれが女心をつかんだテクニックをもった男性なのである。こうした女性心理を分析し、どうしたら女心をつかめるかを箇条書きにまとめたサイトである。





43.僕たちという話し方
 「僕と君は○○○○だ」という話し方よりも、「僕たちは○○○○だね」といった話し方の方が二人の仲は急接近していくようになる。女性というものは、男性が二人の関係を毎回一つの単位に当てはめて扱う話し方により、無意識または潜在的に心が自動的に開いて親密感をもつようになるのだ。

44.嫌い嫌いも好きのうち
 女性が、ある特定の男性にだけ的を絞ってなじったりけなしたりするときというのは、その男性に何がしかの興味があったり、特別に気になっている可能性があり、二人の関係はただ事ならぬ間柄と思って観察してみる必要性がある。女性というのは、全く興味も何もない男性のことについては、道端に落ちている石ころのごとく好きでも嫌いでもなく何の感情ももっていないためであり、いわゆる「嫌い嫌いも好きのうち」というように嫌いであるという男性には好きになるという感情に変わる可能性を大きく含んでいるということである。



45.弱味は無視して
 女性にとって触れてほしくない過去の過ちや弱点に関しては、一切その話題に触れないことに徹して話をする。本人の過去とか弱味がマイナスである場合には、必要以上に強いコンプレックスを保持しているため、その話題に関しては終始無視して話すことが優しさである。

46.時には断定的な言い方を
 女性に対して、何らかの決定的な意思判断的な要求を呑み込ませようとする場合には、断定するような言い方であり決めつけてしまうような言い方をして説得した方が、より一層効果的な納得了承させやすくなりうる。女性というのは、自分に責任がかかることを逃れたいということが大前提として考えるため、みずから自分の行動に関して決断するようなことをどうしてもためらうためである。

47.楽しみは少し先に
 女性に対して、「今度、何かおいしいものをごちそうするよ」とか「君がほしがっていた物をプレゼントしてあげるよ」とかなどの、女性にとって大変嬉しいと思える約束事をするときなどには、その約束の日程をすぐ実行するのではなく、「楽しみだわ、待ち遠しいわ」と思えるくらいのしばらく先の日程に設定して約束する。女性というのは、その楽しみにしていたことが実行されてしまうことよりも、むしろそれを楽しみにして待っている状態をワクワク・ドキドキしていることに喜びを強く抱くのである。。



48.しっかりとうなづく
 女性の話を聞くときには、しっかりと目を見てうなづいたり、あいづちを打ったりなどして、いっしょに考えている、真剣に聞いているという姿勢を表すことが必要である。女性とは自分の話を親身になって聞いてくれる相手には無条件に心を開いて信頼してくるのである。

49.人の影口は禁句
 女性にとって、人の影口を一切言わない男性という存在には、自分の内面をさらけ出しても大丈夫といった安堵感を抱くようになる。自分の株を上げるためだけに、ほかの男性の悪口を言ってしまう男性については、女性はその男性のレベルの低さ、幼稚ささらには下心を見透かしてしまい、尊敬心と信頼感は決して抱かなくなる。

          
 

















































PR
忍者ブログ [PR]